ちょこっとハッピー アロマ生活12ヶ月


自然素材を利用した
ナチュラルヘルスケア

ミツバチテラピー
アロマテラピー
分子整合栄養学
ハーブセラピー
サイマティクス
微小循環予防医学
ホメオパシー
フラワーエッセンス
エネルギーセラピー
家やお部屋のヒーリング
ディトックス&キレーション


 

アロマテラピー

6月 ローズの香り

「バラは肌と魂によい」という古いことわざには真実が込められています。
伝統的にバラの香りは怒りや悲しみといった感情を鎮めると言われています。
また、婦人科の病気や炎症系の病気にも補助として有効です。
6月は季節もよく、戸外にも出やすくなります。
かぐわしいバラの香りはひとときの幸せを感じることができます。

バラ

バラや香油による癒しの伝統を最も継承して、今なお儀式として残しているのは東方正教会(ギリシャ正教、ロシア正教、ブルガリア正教、セルビア正教、日本正教などが含まれています)です。
教会の中にはバラ水を振りまく装置が取り付けられているところがあります。
なぜかという合理的な説明はないのですが、私見として考えてみると、教会という場所が情緒的な問題と深く関わってきたからではないかと思います。

バラ

バラジャム

ガリカ種のローズの花びらを砂糖で煮込んでバラのジャムを作ります。
これを紅茶にいれて味わったり、冷たいお水に少し入れてバラ水を作り、疲れた夜などに飲んでゆっくりしてみましょう。
深い呼吸ができるかも知れません。

バラ・ティー

ガリカ種のバラは抗アレルギー作用もあります。


ちょこっとハッピー ♡  アロマ生活12ヵ月連載始まります。
2017年
ジンジャー
2016年 ヒバ
ナウパカ
ひまわり
ライラック
白モクレン
2015年 秋の庭
りんごの香り
タイムの香り
シロツメクサ&アカツメクサ
ジャスミンの香り
シャクヤクの香り
藤の花の香り
ストックの香り
蝋梅(ロウバイ)
ジュニパーベリーの香り
2014年 ローズマリーの香り
クジャクヒバの香り
ヒマラヤスギの香り
サリエット
オレンジフラワーの香り
卯の花の香り
梅ウツギ
アカシアの花の香り
沈丁花(ジンチョウゲ)の香り
ヒヤシンスの香り
スイートピー
ユーカリの香り
2013年 唐松
リンドウ
ナスタチウム
蓮(スイレン)の花の香り
ユリの香り
花しょうぶの香り
春を告げる ミモザ
春は香りから フリージア
ゆずの香り
2012年 モミ(樅)の木の香り
金木犀の香る道
シダーウッドの香り
ローズウッドの香り
レモングラスの香り
ラベンダーの香り
ローズの香り
カーネーションの香り
大島桜の香り
スミレの香り
和水仙の香り
スターアニスの香り
2011年 豊かさと分かち合い
一年で一番静かな月に
立ちのぼるお香の香り
夏草の香りの夏休み
さわやかな柑橘で夏を楽しみましょう
雨の季節を明るい気持ちで
森林浴アロマで元気をチャージ
新しい出発にアロマ

HOME

Copyrights (C) foretfond , All Rights Reserved