ちょこっとハッピー アロマ生活12ヶ月


自然素材を利用した
ナチュラルヘルスケア

ミツバチテラピー
アロマテラピー
分子整合栄養学
ハーブセラピー
サイマティクス
微小循環予防医学
ホメオパシー
フラワーエッセンス
エネルギーセラピー
家やお部屋のヒーリング
ディトックス&キレーション


 

アロマテラピー

3月 ヒヤシンスの香り

この季節はさまざまな花の香が街を豊にしています。
ヒヤシンスも香が強い花のひとつです。春に楽しみたい香でもあります。

ヒヤシンス

日本名は風信子と言うそうです。この強い香はユリ科の花だからでしょうか。
原産地は地中海東部海岸からイラン周辺です。
16世紀にイスタンブールに5万本のヒヤシンスを集めさせたという記録があります。
現在は18世紀にオランダで栽培されたヒヤシンスが主流で、2000以上の栽培品種が作り出されています。
色も青、茜、しろ、淡い黄色、ピンクなど多くあります。

ヒヤシンスに似た花で、ムスカリがありますが、ヒヤシンスより小ぶりです。

ムスカリ

ヒヤシンスの名は、ギリシャ神話の美青年ヒュアキントスに由来します。
ヒュアキントスは、愛する医学の神アポロンと一緒に(ギリシャ時代では同性愛は普通にあつかわれていた)円盤投げを楽しんでいた。
その楽しそうな様子を見ていた西風の神ゼピュロス(彼のヒュアキントスを愛していた)は、やきもちを焼いて、意地悪な風を起こしました。
すると、円盤の軌道がかわり、ヒュアキントスの顔に円盤が直撃して、大量の血を流して、倒れてしまった。
アポロンの医学をもって、懸命に治療するが、その甲斐なくヒュアキントスは亡くなってしまいます。

ヒヤシンスは流れた大量の血から生まれたとされています。
ヒヤシンスの花言葉は悲しみにまつわる愛のような意味合いの言葉が多いですね。


ちょこっとハッピー ♡  アロマ生活12ヵ月連載始まります。
2017年 チュベローズ
オーニソガラム
シャクヤク
ジンジャー
2016年 ヒバ
ナウパカ
ひまわり
ライラック
白モクレン
2015年 秋の庭
りんごの香り
タイムの香り
シロツメクサ&アカツメクサ
ジャスミンの香り
シャクヤクの香り
藤の花の香り
ストックの香り
蝋梅(ロウバイ)
ジュニパーベリーの香り
2014年 ローズマリーの香り
クジャクヒバの香り
ヒマラヤスギの香り
サリエット
オレンジフラワーの香り
卯の花の香り
梅ウツギ
アカシアの花の香り
沈丁花(ジンチョウゲ)の香り
ヒヤシンスの香り
スイートピー
ユーカリの香り
2013年 唐松
リンドウ
ナスタチウム
蓮(スイレン)の花の香り
ユリの香り
花しょうぶの香り
春を告げる ミモザ
春は香りから フリージア
ゆずの香り
2012年 モミ(樅)の木の香り
金木犀の香る道
シダーウッドの香り
ローズウッドの香り
レモングラスの香り
ラベンダーの香り
ローズの香り
カーネーションの香り
大島桜の香り
スミレの香り
和水仙の香り
スターアニスの香り
2011年 豊かさと分かち合い
一年で一番静かな月に
立ちのぼるお香の香り
夏草の香りの夏休み
さわやかな柑橘で夏を楽しみましょう
雨の季節を明るい気持ちで
森林浴アロマで元気をチャージ
新しい出発にアロマ

HOME

Copyrights (C) foretfond , All Rights Reserved