ちょこっとハッピー アロマ生活12ヶ月


自然素材を利用した
ナチュラルヘルスケア

ミツバチテラピー
アロマテラピー
分子整合栄養学
ハーブセラピー
サイマティクス
微小循環予防医学
ホメオパシー
フラワーエッセンス
エネルギーセラピー
家やお部屋のヒーリング
ディトックス&キレーション


 

アロマテラピー

9月 タイムの香り

シソ科 イブキジャコウソウ属

シソ科のタイムは日常的に使わるハーブではありませんが、強い香のハーブです。
香成分のひとつであるチモールは、強い抗菌作用があり、防腐作用もあります。
よく魚の匂い消しやお料理にも使われます。
精油でタイムチモールという種類がありますが、手術室の消毒にも使われてきました。

タイム

タイムの香は強い消毒薬の香と形容するのが近いと思います。
古代アテネやローマでは、寺院や公共の建物では焚香としてタイムが燃やされていたそうです(『ハーブの楽しみ』八坂書房)
タイムの強力な抗菌作用が感染症をもたらす有害な生き物を駆除する働きがあったと思います。

タイムの抗菌作用はジェラードやカルペッパーらによって、人の病気の治癒にも用いられて活躍してきました。
タイムビネガー、タイムの花の蜂蜜、シロップとまぜたもの、リキュールなど家庭の常備薬的な役割も果たしてきました。
古代人はタイムの香を「男らしい香」として特別に思っていたようです。
勇気、品位、優雅などの意味を含みました。
ローマ人の時代が終わっても、中世の貴婦人たちは、騎士のスカーフに勇気の象徴として1匹の蜂とタイムの小枝を刺繍しました。


ちょこっとハッピー ♡  アロマ生活12ヵ月連載始まります。
2017年
ジンジャー
2016年 ヒバ
ナウパカ
ひまわり
ライラック
白モクレン
2015年 秋の庭
りんごの香り
タイムの香り
シロツメクサ&アカツメクサ
ジャスミンの香り
シャクヤクの香り
藤の花の香り
ストックの香り
蝋梅(ロウバイ)
ジュニパーベリーの香り
2014年 ローズマリーの香り
クジャクヒバの香り
ヒマラヤスギの香り
サリエット
オレンジフラワーの香り
卯の花の香り
梅ウツギ
アカシアの花の香り
沈丁花(ジンチョウゲ)の香り
ヒヤシンスの香り
スイートピー
ユーカリの香り
2013年 唐松
リンドウ
ナスタチウム
蓮(スイレン)の花の香り
ユリの香り
花しょうぶの香り
春を告げる ミモザ
春は香りから フリージア
ゆずの香り
2012年 モミ(樅)の木の香り
金木犀の香る道
シダーウッドの香り
ローズウッドの香り
レモングラスの香り
ラベンダーの香り
ローズの香り
カーネーションの香り
大島桜の香り
スミレの香り
和水仙の香り
スターアニスの香り
2011年 豊かさと分かち合い
一年で一番静かな月に
立ちのぼるお香の香り
夏草の香りの夏休み
さわやかな柑橘で夏を楽しみましょう
雨の季節を明るい気持ちで
森林浴アロマで元気をチャージ
新しい出発にアロマ

HOME

Copyrights (C) foretfond , All Rights Reserved