ちょこっとハッピー アロマ生活12ヶ月


自然素材を利用した
ナチュラルヘルスケア

ミツバチテラピー
アロマテラピー
分子整合栄養学
ハーブセラピー
サイマティクス
微小循環予防医学
ホメオパシー
フラワーエッセンス
エネルギーセラピー
家やお部屋のヒーリング
ディトックス&キレーション


 

アロマテラピー

8月 ナスタチウム

今、日本でよく見かけられるようになりましたナスタチウムは、濃いオレンジ色や黄色の花びらをつける鮮やかな夏の花です。
ハーブ療法として紹介されてから、園芸用としても庭先に彩りを与えています。
この目立つ花は照りつける太陽を浴びて、そのエネルギーを中に蓄積します。
そして、花を摘んで冷凍しておくと、冬の冷えた体に暖かさを与えるハーブとなります。

ナスタチウム

南アメリカのインカに生息していたノウゼンハレン

ノウゼンハレンはナスタチウム、またはインディアン・クレスとも呼ばれていて、ペルー・インディアンに由来するようです。
大航海時代にスペインが進出したインカの黄金地帯に野生で自生していました。

一説によりますと、スペイン人が母国行きのガリオン船を待っている間に、危険をおかして踏み込んでくるイギリス人たちによって、1595年にイギリスに持ち込まれました。
花も葉も食用にできて、葉はクレソンのような食感で、花もサラダに入れることがあります。
古代ギリシャ人たちは、ナスタチウムとよく似た薬効があるウォーター・クレスを壊血病に効くとして、血液の増加、消化器の刺激、健康の維持などに用いてきました。

確かに、ビタミンCやビタミンAまたポリフェノールを豊富に含んでいるために壊血病や風邪の予防、そして健康維持に適しています。

ナスタチウム

香りはそれほど感じませんが、その鮮やかな色彩が元気を与えてくれるような気がします。



ちょこっとハッピー ♡  アロマ生活12ヵ月連載始まります。
2017年 オーニソガラム
シャクヤク
ジンジャー
2016年 ヒバ
ナウパカ
ひまわり
ライラック
白モクレン
2015年 秋の庭
りんごの香り
タイムの香り
シロツメクサ&アカツメクサ
ジャスミンの香り
シャクヤクの香り
藤の花の香り
ストックの香り
蝋梅(ロウバイ)
ジュニパーベリーの香り
2014年 ローズマリーの香り
クジャクヒバの香り
ヒマラヤスギの香り
サリエット
オレンジフラワーの香り
卯の花の香り
梅ウツギ
アカシアの花の香り
沈丁花(ジンチョウゲ)の香り
ヒヤシンスの香り
スイートピー
ユーカリの香り
2013年 唐松
リンドウ
ナスタチウム
蓮(スイレン)の花の香り
ユリの香り
花しょうぶの香り
春を告げる ミモザ
春は香りから フリージア
ゆずの香り
2012年 モミ(樅)の木の香り
金木犀の香る道
シダーウッドの香り
ローズウッドの香り
レモングラスの香り
ラベンダーの香り
ローズの香り
カーネーションの香り
大島桜の香り
スミレの香り
和水仙の香り
スターアニスの香り
2011年 豊かさと分かち合い
一年で一番静かな月に
立ちのぼるお香の香り
夏草の香りの夏休み
さわやかな柑橘で夏を楽しみましょう
雨の季節を明るい気持ちで
森林浴アロマで元気をチャージ
新しい出発にアロマ

HOME

Copyrights (C) foretfond , All Rights Reserved